テーマ:

花言葉は・・・。

 寛大な愛 ムスカリはユリ科の多年草でグレープヒヤシンスとも呼ばれているとか そういわれると、なんか葡萄を逆さにした感じで、ヒヤシンスに似てるかも・・・。  気取らない魅力 今年も大きな花が重たそうに咲いているね。 冬の花のない時季には葉っぱ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ひっそりと・・・。

桜や水仙などみたいに 存在感はないけれど、大好きなお花です。 ひっそりと庭の片隅にショウジョウバカマが咲きだしました。 いつの間にか咲き出すんだよね。 結構可愛いお花です。 花が開きだすと茎もするするって伸びてくるんだよ。 薄いピンク色に変わってきている。{%ハート(ポヨンチカチカ)h…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花言葉は・・・。

花言葉は ラッパ水仙 「尊敬」「心づかい」 ほかにうぬぼれとかもあったっけかなぁ~。  やわらかき 春の陽あびて 輝いて いつの間にか水仙が咲いていました。 木蓮も蕾がこんなに膨らんでいます。 さぁ~今度咲くのは何かなぁ?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四月のスタートは・・・

ほのかに花の香りが漂っていたのに 四月最初の日だと言うのに 雨の朝でした。 沈丁花も咲きだして いい香りがしていたのに 雨にうたれて寒そう 知らない間にヒヤシンスも こんなに伸びて花を咲かせます。 庭はこれからパステルカラーに染まるんだよね。
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

君子蘭その後

もうすぐ四月だというのに 今日も小雪が舞っていた。 寒いなぁ~って。 いつまで寒いのかなぁって。 でもお家に中はぽっかぽか。 君子蘭の蕾はどんどん伸びて・・・。 でもまだ花の色ははっきりせず・・・。 咲いてからのお楽しみかんも・・・。 葉っぱの数だけ花が付くって言うから も…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

三連休最終日。

あっという間に連休も終わりだよ。 ゆっくりしたいって思ってたのに 結局何も出来なかったような気がする。 ぼぉ~としてたら、父が娘と話をしている。 ノムラカエデを切ってほしいと・・・。 ノムラカエデは、若葉のころから暗紫色で、夏には緑色を帯びて、 秋には紫紅色となって四季を伝えてく…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

花言葉は・・・。

 私を信じよ この花にまつわるこんな話を見つけた。 アルプスに住むオオカミが自分の娘の結婚相手として、ある漁師の息子 “クロッカス”をさらってしまい、悲嘆にくれる漁師の落とした涙で雪が解けて、 そこから黄や紫の花が咲いたという。 ギリシャ神話には、この花にまつわるこんな伝説がある…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

梅の花が・・・。

朝から暖かく 昼過ぎにはもうぽかぽか陽気 そういえばウグイスが鳴いていたっけ。 今年の初鳴きかな? 寝ぼけて聞いてたからなぁ~。 でもあれは絶対夢ではないはず・・・。 庭にある梅の木の花が咲きだしました。 いつもの年よりやはり少し早い感じが・・・。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

君子蘭ふたたび・・・。

昨年の暮れに咲いた君子蘭の親株にやっと蕾がのぞき出しましたぁ。 やっぱり今が咲く時期なんだよなぁ~。 今までは廊下においてあったけど 蕾がついたとあれば暖かいところにおいてあげようね。 窓辺の陽射しと暖かさでどんどん伸びてゆくねぇ~。 綺麗な花が咲くまでいま…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

花言葉は・・・。

 クリスマスローズ    花言葉は「慰め」 一昨年の暮れに、うつむきかげんに咲いていたのを買ってきたもので・・・。 下向きに咲くのはきっと恥ずかしがり屋さんなのかも・・・。 なわけないかぁ~。 花が終わって、そのまま庭においしまっていたわけで・・・。 昨年の春も花芽はつくこともなく、ひ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

弥生。

あっという間に二ヶ月は過ぎ 早いものでもう三月です。 庭にある紫陽花、墨田の花火は・・・。 寒かった冬をじっと耐えて 若芽が伸び始めてきました。 さぁ梅は? まだまだ固い蕾のままです。 小さな愛らしい蕾が開きだすのももうすぐでしょうか。{%ファイト(チカ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

神童。

っていったら? 神童(しんどう)とは特定分野において卓越した能力を発揮する人物、 特に少年時代から優秀であった者に対しての美称のはず・・・。 「神童」という名前のついた多肉植物を発見 可愛い小さな鉢に入って隅っこで小さくなっていて なんとなく買ってしまった。 良く見るとちっち…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

あれから一週間。

 ほんのりと 春の香りを 漂わせ ピンクが先か青が先かなんて言っているうちに、 両方ともあっという間に咲いてしまったわけで・・・。 部屋中に、花の香りが漂っているわけで。 さしずめ自然の芳香剤です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヒヤシンス。

娘は仕事から帰ってくると 「ん?なんか増えてるぅ~。」 私が鉢植えを買ってくるときまって言う言葉な。 花がなくなるこの季節、買い物帰りに見つけたヒヤシンスの鉢植え。 固い蕾だけど寒い冬にちょっぴり暖かさを感じされてくれる。 花が開くと香りもいいしこの時期まだまだ寒いけど暖かい部屋の中で あっという間に蕾は花を咲か…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

シクラメン

まわた色ってどんな色? シクラメンの香りってどんな香り? この時期になるとお花屋さんには 色とりどりのシクラメンが並ぶ。 子供が小さかったころ 真剣に聞いてきたことがあって・・・。 さて私もどんな色かは解らず 困ったものだと思ったことがあった。 今年も買ってしまった。
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

唐突に・・・。

「10月20日はいつだっけ?」 突然言い出す父。 むろんぼけて言ってるわけではなく 父の言う10月20日とは旧暦のこと。 「それは17日のはずだけど、なんで?」って聞くと 「恵比寿講が近いのに暖かいなぁ~。」って。 そっかぁそんな時期なんだなぁって改めて思ったりして。 11月も折り返し地点なんだねぇ~。 なわけで今日…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

びっくりです!!

綺麗な夕焼けを見ながら帰宅。 きっと明日は天気がいいよねって。 カーテン閉めがら、ふと見ると なんでぇ~ 君子蘭に蕾? 「これって去年株分けしたほうだよね。」 「んだなぁ~」と父が・・・。 「きっとこれって狂い咲きだよね。」って
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

花はだんだん少なくなり・・・。

 幾重もの 花びら抱え 冬の庭 「山茶花を 雀のこぼす 日和かな」 ( 正岡子規 )と読んだように、 小春日の穏やかな日にピッタリの花だと思う風ちゃんであります。 花言葉は「困難に打ち勝つ、ひたむきさ」なんだって。 これから次々に花が咲き出しそうです。 去年に比べるとだいぶ大きくな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

立冬

立冬の朝の空は どんよりと、空には思い雲に覆われて・・・。 ん?でも今日はあったかい。 一番先に起きる風ちゃんとしては、嬉しいことだけどねぇ~。 この日を境にだんだんつめあい風が吹くようになって “冬来る”日といわれるけど、まだまだ秋だよね。 お昼ごろに降った雨も上がって少しお日様が顔を・・・。{%晴れweb…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花言葉は・・・。

菊の花が穏やかな陽だまりの中に、香りが漂っている。 小菊の花言葉は、「真実、元気」 だそうです。 黄色があざやかな可愛い小さな菊の花。 同じ黄色でも花びらの形の違いがわかるでしょうか。 赤の花びらも綺麗でしょ。 まるで菊まつりですねぇ~~。
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

花言葉は・・・。

花言葉は「歓喜」どうやら、あやめの仲間らしい。 細い葉っぱと薄紫いろした花は、クロッカスに似ていているし もしかして秋咲きクロッカス?  なわけないないよぉ~。 {%ハート(ポヨンチカチカ)hdeco%…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

秋晴れの日は・・・。

お掃除にお洗濯・・・。 それに、夏に咲いたお花のお片づけと、植え替え。 来年また綺麗なお花を見たいからと・・・。  柿の葉っぱはそろそろ・・・。 いろづき始めて、もうだいぶ散り始めているわけで・・・。 葉っぱがなくなるのももうすぐだねぇ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も咲いたね。

コルチカムの花がいつものところに まるでここが自分の居場所さって。 どうやらユリ科の花らしい・・・。 蕾の花も可愛いけど 咲いたのも可愛いよね。
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

みずひきの花。

赤と白の可愛い花です。 小さな小さな花なのですが、一生懸命に咲いています。  みずひきの花 今朝から風が冷たくて、昼には太陽が顔を出したものの やはり風は少し冷たくて・・・。 肌寒い一日でした。 そんな風に静かに揺れるみずひきの花です。 お祝い事に使われる水引に似ているか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白の彼岸花

道の辺の いちしの花の いちしろく           人皆知りぬ 我が恋い妻は  (万葉集より) 道ばたのいちしの花はすぐ人目につきますが、私の恋しい妻のこともの 皆に知られてしまいました。 真っ赤な彼岸花がそろそろ咲きそろって今度は白の彼岸花が咲き出しています。 ”いちしの花”とあるのが、彼岸花のことらしいの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ムクゲ。

こいまろび 恋ひは死ぬとも いちしろく              色には出でじ 朝顔の花(万葉集より)               ムクゲの花  ”ころがり悶え、恋死することはあっても、あなたに焦がれる心を 顔色に出すようなことはいたしません。朝顔の花のようには” 恥ずかしげに頬を染めたのでし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

残暑!!

9月に入って雨が降ったりやんだりの不安定な天気だったけど 今日は気温も上がって残暑が戻ってきたって感じです。 PC教室から帰ってきたら、朝顔が暑さでしおれていて 慌ててお水を・・・。 元気なのはランタナだけで・・・。 さすが南国のお花、暑さにはとても強そうです…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

花言葉は・・・。

緑に白の斑入りの葉っぱが 風に揺れる中にむらさきいろの小さな小さな花が集まって 決して目立とうとはせずに咲いています。  藪蘭(やぶらん) 花言葉は「謙遜」。 ひっそりとでも誇らしげに咲いていました。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

芙蓉。

今年は咲いたねぇ 毎年蕾のまま虫に食べられていたのに・・・。  芙蓉 昔から美しい人のたとえに用いられている花でだよね。 美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」っていうらしいよ。 丁度雨が小降りになっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鷺草。

花の形が、鷺が羽根をひろげて飛び立つ姿に似ている真っ白な爽やかな夏の花。  夏の日に 羽根をひろげし 白き花 花言葉は「芯の強さ」(鷺草) 。 今にも飛び出しそうな真っ白の可愛い花ですね。 戦国時代の世田谷城で、助けを求める姫君が手紙をサギに託すが、 サギは途中で射落とされ、その落ちた跡にこ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more