この時期・・・。

あちこちに顔を出すのが西洋オダマキ。
画像

金鳳花(きんぽうげ)科の植物。
花の形がかわっていておもしろいね。
ほんとは鉢に植えてあるのに
最近ではあちこちで顔を覗かせています。
画像

きっと種がはじけていろんなところに花を咲かすんだろうなぁ~。

「しづやしづ 賎(しづ)のおだまき 繰り返し
            昔を今に なすよしもがな」
                        静御前(義経記)


こんな歌見つけましたぁ~。
義経のころにあったのは
今咲いているおだまきとはきっと違うんだろうなぁ~。
我が家のは西洋おだまきっていうらしいから・・・。

少し増えすぎだよなぁ~。
でも抜くのも可愛そう^^;
さぁ~どうする風ちゃん。

さりげなく咲く可愛いお花なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2009年05月21日 23:56
静御前の頃のおだまきもそうですが、桜も江戸自体によく改良?されていたようです。
最近も新種が作られている薔薇やチューリップなどなど。
もしタイムマシンがあったら、花のルーツを探してみたいですね。
dream
2009年05月22日 01:55
オダマキ大好きです。
ですから抜かないで~~~

日本のオダマキより西洋オダマキのほうが
丈夫みたいですね。
じゃんび
2009年05月22日 10:40
後ろも花びらなの?
それともがくなの?
2009年05月22日 22:07
こんばんは
雨降りで涼しくなりましたね~
興味深い形をしている花ですね。
柔らかい感じがいいです。
2009年05月22日 22:15
(pωq)こんばん ヽ(・д・)ノ わぁ~♪ 
今日もお返事が遅くなりました。
<pochiさんへ>
そうですね。
お花っていろいろ品種が改良されているんだろね。
タイムマシンかぁ~ほしいですねぇ~。
静御前のころのおだまきはどんなんだったんだろうね。

<dreamさんへ>
そっかぁ~抜いちゃいけないかぁ~。
もうあっちにもこっちにもって感じです。
可愛い花だから、そっとしときましょうかね。

<じゃんびさんへ>
う~ん、良くわからないけど、全部お花かも?
こんど調べて見るね。

<辛口兄さんへ>
優しい色でしょ。
結構繁殖力が強くて、特別なお手入れもしなくても
毎年確実に増えています。^^;

この記事へのトラックバック